The Struggle for Tomorrow

_DSC7917

0117

_DSC7897

_DSC7902

0126

_Z7T3557

_Z7T3561

_Z7T3563Photo : ©️3331 ART FAIR 2020, 3331 Arts Chiyoda, 2020

出張喫茶野ざらし
 Mobile Cafe Nozarashi
Haruya NAKAJIMA × Kengo SATO × Akira AOKI
2020|Structure, Performance

 

───────────────

IMG_3289

■名称:The Struggle for Tomorrow(3331 ART FAIR 2020 屋上展示)
■会期:2020年3月18日〜22日
■会場: 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6-11-14)
■参加作家:今井さつき、遠藤薫、齋藤恵汰、佐藤研吾、中島晴矢、光岡幸一
■サイト: https://artfair.3331.jp

 

3331 ART FAIR 2020では、学芸員やキュレーター、美術関係者などが出品アーティストを各地より推薦・選出しました。推薦者と推薦アーティストによるクロストークシリーズ Vol.3は、Selection-ROOFTOP (屋上) のキュレーションを担当した青木彬氏 (インディペンデント・キュレーター) と、アーティストの中島晴矢氏、光岡幸一氏です。推薦者からの視点を交えながら、作家の考えや作品・活動の背景についてお話を伺います。クロストークの後は、キュレーターとアーティストと屋上エリアを巡るツアーも実施します。

作家自身の言葉で語られる制作の意図や背景は、作品に対する理解を深める貴重な機会です。会期中は連日トークを開催していますので、ぜひ「アーティストの声」をお聴きください。

<青木氏による推薦コメント>
「The Struggle for Tomorrow」
今、創造の喜びや苦渋、そして名指すこともできない感情を通して、抗わなければならないものがある。それは声を上げることで。些細な工作を通じて。境界を越えることで。素材を変容させることで。自らの選択によってあらゆる状況を変化させることが求められている。 アートフェアという場で行われる「購入」は決して「所有」に還元されるものではなく、「未来へ向けた振る舞いへの加担」とも言えるだろう。「The Struggle for Tomorrow」は明日を共につくるための場所である。