Profile / Biography

中島晴矢  201711-newflatfield-photo9_l

現代美術家/ラッパー(Stag Beat)

1989年神奈川県生れ。法政大学文学部日本文学科卒業、美學校修了。

 

[主な個展]
2017
「SURGE」(gallery TURNAROUND, 仙台)
「麻布逍遥」(SNOW Contemporary, 東京)
2015
「ペネローペの境界」(TAV GALLERY, 東京)
2014
「上下・左右・いまここ」(原爆の図 丸木美術館, 埼玉)
「ガチンコーニュータウン・プロレス・ヒップホップー」(ナオ ナカムラ, 東京)
2012
「REACH MODERN」(ギャラリーアジト, 名古屋)
2011
「BAD ROMANCE」(棚ガレリ, 東京)

[主なグループ展]
2017
「ニュー・フラット・フィールド」(NEWTOWN, 東京
「ground under」(SEZON ART GALLERY, 東京)
「CAVE MORAY Crew Exhibition “INSECT CAGE”」 (ANAGRA, 東京)
2016
  カオス*ラウンジ新芸術祭2016  市街劇「小名浜竜宮」(萬宝屋, 福島)
「現在戦争画展」(TAV GALLERY, 東京)
2015
「“KITAJIMA/KOHSUKE”#12」(カタ/コンベ, 東京)
「前線」(ナオ ナカムラ, 東京)
「Trans Arts Tokyo 2015」(神田ダウンタウン, 東京)
2014
「旅公演(どりふと)」(東京都美術館 ギャラリーA, 東京)
2013
「美學校ダウナーサイド」(Trans Arts Tokyo 2013, 東京)
「東京BCN10443」(Olivart Art Gallery、バルセロナ、スペイン)
「イケる気がする展」(HIGURE 17-15 cas, 東京)
2012
「Labor,Party,NuclearーAfter Nuclear Family」(Trans Arts Tokyo, 東京)
「ナイナルナゴヤ」(Trans Arts Tokyo, 東京)
「東京スリック」(namGallery, 東京)
「Village Project HOUSE100」(The Container, 東京)
「地下室-干渉しあう空間-」(アートスタジオDungeon, 東京)
2011
「Art Gig Tokyo 2」(玉井病院, 東京)
「I Wanna Be Strong」(美学校, 東京)
「わくわくSHIBUYA」(トーキョーワンダーサイト渋谷, 東京)
「VIVA☆CO」(棚ガレリ, 東京)
2010
「via art 2010」(シンワアートミュージアム, 東京)
「渋家トリエンナーレ2010」(渋家, 東京)
「行使膣展」(文房堂ギャラリー, 東京)
2009
「室内写生展」(文房堂ギャラリー, 東京)

[主なプロジェクト・イベント等]
2017
「ニュー・フラット・フィールドとその作品について」(NEWTOWN)
「ニュータウン発の文化の可能性」(NEWTOWN)
「SURGE – アーティスト・トーク」(gallery TURNAROUND)
「WAKANA-SYU from SENDAI」(gallery TURNAROUND)
「日本語ラップ学会」(市原湖畔美術館)
「麻布が映した東京」(SNOW Contemporary)
「現代美術寄席」(SNOW Contemporary)
「松蔭浩之&ベッチンアンダーグラウンド LIVE」(MIZUMA ART GALLERY)
「メキシコ死体合宿・大報告会」(高円寺pundit’)
Stag Beat 1st アルバム「From Insect Cage」リリースパーティ ONE-MAN LIVE “INSECT CAGE” (ANAGRA)
「MoriP100 森村泰昌・屋」関連イベント「松蔭浩之&ベッチンアンダーグラウンド LIVE」(parabolica-bis)
「日本語ラップ批評ナイト Vol.2」(文禄堂高円寺店)
2016
CD「From Insect Cage」(Stag Beat) 
「Meets Nights at Barrack」(Barrack, 沖縄)
「死とリリシズム」(美学校)
「日本語ラップ批評ナイト」(文禄堂高円寺店)
「美学校 出張外道ノスゝメ」(ガーターギャラリー)
「前衛と現代」(美学校)
「会田誠の月イチぼったくりBAR  第4夜」(美学校)
2014
「Moe Nai Ko To Baを燃やす」(ヨコハマトリエンナーレ2014)出演
「アルトー24時++再び」(東京芸術劇場)出演
2013
「HEL・GABAL」(草月ホール)出演
「工藤哲巳ナイト」(美学校)パフォーマンス
2012
「第8回エクストラバージンシアター」(喫茶SMiLE)映画上映
2011
「アルトー24時」(赤坂レッドシアター)出演


[主な掲載メディア・テキスト]
2017
「なぜ「郊外」は語られない?ニュータウン発の現代美術展で考える」(CINRA.NET)
「「ニュータウン」とはなにか?当事者たちによる企画展が多摩ニュータウンで開催」(WEB美術手帖)
120年前、6年前、そしていまを繋ぐ潮のうねり。中島晴矢による個展が仙台で開催」(WEB美術手帖)

「岸野雄一に聞く『札幌国際芸術祭』でなにが起こっているのか?」(CINRA.NET)
「「アートのレシピ」を受講して」(美学校HP)
「東京アンダーグラウンドのアートシーン特集 新しい5つの動向とは」(CINRA.NET)
「for five years 中島晴矢の5年間」(『月刊ギャラリー』7月号)
「展覧会レポート 中島晴矢 麻布逍遥」(『月刊アートコレクターズ』7月号)
「社会を変質させる「散歩」というラジカルな行為について。|中島晴矢インタビュー」(Lute)
「Walk in Tokyo #6 Azabu-Hiroo × Rambler」(WALK3000)
「ヒップホップMCとしても活躍する現代美術家・中島晴矢による個展<麻布逍遥>開催中!」(Qetic)
「芸術は、歩くことからはじまる」(WEB美術手帖)
「中島晴矢の新作個展『麻布逍揺』 古典落語をベースに麻布の街を「散歩」」(CINRA)
「作品をつくる音 #01中島晴矢(現代美術家/ラッパー)の場合」(Lute)
2016

「おしえて!バズポリスリターンズ」(AbemaTV)出演
美学校・ギグメンタ2016「エキシビションズ・レビュー」(美学校)

「文化系トークラジオLife」(TBSラジオ)出演

2015
連載「中島晴矢の オルタナティヴ展評!」(Rooftop)
インタビュー「ポスト3.11時代の美術家・中島晴矢に個展の意気込みを訊く」(bitecho)
『美術手帖 2015年 05月号|特集 日本のアート、最前線!!』誌上キュレーション選出
2012
『美的センス皆無の31歳独身男性でも現代アートは作れるのか大調査!』(ヨッピー, Yahoo! japan)作品提供

 

 

Haruya Nakajima

Contemporary Artist / Rapper (Stag Beat)
Born in Kanagawa, 1989

I graduated from Department of Japanese literature, Faculty of literature, Hosei university, and completed Bigakko

 

[Selected Solo Exhibitions]
2017
SURGE / gallery TURNAROUND (Sendai, Japan)
AZABU SHOYO – To ramble about Azabu – / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
2015
Penelope’s Border / TAV GALLERY (Tokyo, Japan)
2014
High-Low, Left-Right, Now Here / Maruki Gallery For The Hiroshima Panels (Saitama, Japan)
GACHINKO – New Town, Pro Wrestling, Hip Hop – / Nao Nakamura (Tokyo, Japan)
2012
REACH MODERN / Gallery Ajito (Nagoya, Japan)
2011
BAD ROMANCE / TANA Gallery Bookshelf (Tokyo, Japan)
[Selected Group Exhibitions]
2017
New Flat Field / NEWTOWN (Tokyo, Japan)
ground under / SEZON ART GALLERY (Tokyo, Japan)
CAVE MORAY Crew Exhibition “INSECT CAGE”  / ANAGRA (Tokyo, Japan)
2016
Chaos * Lounge, New Arts Festival 2016, city theater “Onahama-Ryugu” / Manbo-ya (Fukushima, Japan)
Current war painting exhibition / TAV GALLERY (Tokyo, Japan)
2015
“KITAJIMA/KOHSUKE”#12 / Cata/Combe (Tokyo, Japan)
Front / Nao Nakamura (Tokyo, Japan)
Trans Arts Tokyo 2015 / Kanda Down Town (Tokyo, Japan)
2014
Drift / Tokyo Metropolitan Art Museum Gallery A (Tokyo, Japan)
2013
Bigakko Downer Side / Trans Arts Tokyo 2013 (Tokyo, Japan)
Tokyo BCN10443 / Olivart Art Gallery (Barcelona, Spain)
IKERUKIGASURU Exhibition / HIGURE 17-15 cas (Tokyo, Japan)
2012
Labor,Party,Nuclear – After Nuclear Family / Trans Arts Tokyo 2012 (Tokyo, Japan)
NAINARU NAGOYA / Trans Arts Tokyo 2012 (Tokyo, Japan)
Tokyo Slick / namGallery (Tokyo, Japan)
Village Project HOUSE100 / The Container (Tokyo, Japan)
Basement – Space that interfere each other – / Art Studio Dungeon (Tokyo, Japan)
2011
Art Gig Tokyo 2 / Tamai Hospital (Tokyo, Japan)
I Wanna Be Strong / Bigakko (Tokyo, Japan)
WAKUWAKU SHIBUYA / Tokyo Wonder Site Shibuya (Tokyo, Japan)
VIVA☆CO / TANA Gallery Bookshelf (Tokyo, Japan)
2010
via art 2010 / Art Museum of Shinwa (Tokyo, Japan)
Shibuya Triennale 2010 / Shibu-House (Tokyo, Japan)
Vagina exercise / Bunbodo Gallery (Tokyo, Japan)
2009
Interior Sketch / Bunbodo Gallery (Tokyo, Japan)

 

 [Selected Project / Event]
2017
“About New Flat Field and Its Work” (NEWTOWN)
“Culture possibilities from New Town” (NEWTOWN)
Japanese RAP academic conference / Ichihara Lakeside museum (Chiba, Japan)
Tokyo focused by Azabu / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
Contemporary Art Vaudeville / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
MATSUKAGE & THE VELVETEEN UNDERGROUND LIVE / MIZUMA ART GALLERY (Tokyo, Japan)
Debriefing session about cadaver camp in Mexico / pundit’ (Tokyo, Japan)
Stag Beat 1st.album “From Insect Cage” Release Party ONE-MAN LIVE  “INSECT CAGE”  / ANAGRA (Tokyo, Japan) 
 MATSUKAGE & THE VELVETEEN UNDERGROUND LIVE / parabolica-bis (Tokyo, Japan)
Japanese Rap Criticism Night Vol.2 / Bunrokudo Book Store Koenji branch (Tokyo, Japan)
2016
Meets Nights at Barrack / Barrack (Okinawa, Japan)
Death and Lyricism / Bigakko (Tokyo, Japan)
Japanese Rap Criticism Night / Bunrokudo Book Store Koenji branch (Tokyo, Japan)
Bigakko “trip” recommendation of outsider / GARTER GALLERY (Tokyo, japan) 
Avant garde and Contemporary / Bigakko (Tokyo, Japan)
Makoto Aida’s Per Month Rounding Bar 4th Night / Bigakko (Tokyo, Japan)
2014
Burn Words that do not burn / Yokohama Triennale 2014 (Yokohama, Japan)
Artaud 24 hours++Return / Tokyo Metropolitan Theatre (Tokyo, Japan)
2013
HEL・GABAL / Sogetsu Hall (Tokyo, Japan)
Kudo Tetsumi Night, Bigakko (Tokyo, Japan)
2012
8th Extra virgin Theater / Cafe SMiLE (Tokyo, Japan)
2011
Artaud 24 hours / Akasaka Red Theater

[Selected Media / Text]
2017
“Take a Recipe of Art” (Bigakko HP)
“Tokyo underground art scene feature – The five new trends” (CINRA.NET)

“for five years for Haruya Nakajima” (GALLERY 7, 2017)
“Exhibitions report – Haruya Nakajima -To ramble about Azabu-” (Art Collectors’ 7, 2017)
“About the radical act of RAMBLING to alter society. | Haruya Nakajima interview” (Lute)
“Walk in Tokyo #6 Azabu-Hiroo × Rambler” (WALK3000)
“Solo exhibition by Haruya Nakajima, a contemporary artist also active as a hip-hop MC <Azabu Shoyo> is being held!” (Qetic)
“Art starts with rambling” (WEB Bijutsu-Techo)
“Haruya Nakajima’s New Solo Exhibition “Azabu Shoyo” Based on Classical Rakugo “Rambling about  Azabu City” (CINRA)
“The sound of making a work #01 Haruya Nakajima (contemporary artist / rapper) “(Lute)
2016