Profile / Biography

中島晴矢  

profile_taroinami
photo : Taro Inami

Artist/Rapper (Stag Beat) / Writer
1989年神奈川県生れ。法政大学文学部日本文学科卒業、美學校修了。

 

[主な個展]
2017
「SURGE」(gallery TURNAROUND, 仙台)
「麻布逍遥」(SNOW Contemporary, 東京)
2015
「ペネローペの境界」(TAV GALLERY, 東京)
2014
「上下・左右・いまここ」(原爆の図 丸木美術館, 埼玉)
「ガチンコーニュータウン・プロレス・ヒップホップー」(ナオ ナカムラ, 東京)
2012
「REACH MODERN」(ギャラリーアジト, 名古屋)
2011
「BAD ROMANCE」(棚ガレリ, 東京)

[主なグループ展]
2018
「SURVIBIA!!」(NEWTOWN2018, 東京)
「変容する周辺  近郊、団地」(品川区八潮団地内集会所, 東京)
「ゲームポリヘドロン」(中央本線画廊, 東京)
美学校ギグメンタ2018 「明暗元年」展「The Calm Before the Parade」(space dike, 東京)
「BARRAK アンデパンダン」(BARRAK1, 沖縄)
「Preview」(EUKARYOTE, 東京
2017
「ニュー・フラット・フィールド」(NEWTOWN, 東京
「ground under」(SEZON ART GALLERY, 東京)
「CAVE MORAY Crew Exhibition “INSECT CAGE”」 (ANAGRA, 東京)
2016
  カオス*ラウンジ新芸術祭2016  市街劇「小名浜竜宮」(萬宝屋, 福島)
「現在戦争画展」(TAV GALLERY, 東京)
2015
「“KITAJIMA/KOHSUKE”#12」(カタ/コンベ, 東京)
「前線」(ナオ ナカムラ, 東京)
「Trans Arts Tokyo 2015」(神田ダウンタウン, 東京)
2014
「旅公演(どりふと)」(東京都美術館 ギャラリーA, 東京)
2013
「美學校ダウナーサイド」(Trans Arts Tokyo 2013, 東京)
「東京BCN10443」(Olivart Art Gallery、バルセロナ、スペイン)
「イケる気がする展」(HIGURE 17-15 cas, 東京)
2012
「Labor,Party,NuclearーAfter Nuclear Family」(Trans Arts Tokyo, 東京)
「ナイナルナゴヤ」(Trans Arts Tokyo, 東京)
「東京スリック」(namGallery, 東京)
「Village Project HOUSE100」(The Container, 東京)
「地下室-干渉しあう空間-」(アートスタジオDungeon, 東京)
2011
「Art Gig Tokyo 2」(玉井病院, 東京)
「I Wanna Be Strong」(美学校, 東京)
「わくわくSHIBUYA」(トーキョーワンダーサイト渋谷, 東京)
「VIVA☆CO」(棚ガレリ, 東京)
2010
「via art 2010」(シンワアートミュージアム, 東京)
「渋家トリエンナーレ2010」(渋家, 東京)
「行使膣展」(文房堂ギャラリー, 東京)
2009
「室内写生展」(文房堂ギャラリー, 東京)

[主なプロジェクト・イベント等]

2018
「死後の〈郊外〉—混住・ニュータウン・川崎—」登壇:小田光雄 × 磯部涼 司会:中島晴矢(NEWTOWN2018)
「都市・郊外・芸術ー計画と無計画の間で」登壇:会田誠 聞き手:中島晴矢(NEWTOWN2018)
「Stag Beat LIVE in にこぴん秋祭り」(八潮団地)
「松蔭浩之&ベッチンアンダーグラウンド LIVE」(Silkroad Cafe)
トークイベント「今、再びKAGE展をみる」(sheepstudio)
渋家10周年企画「Home Party」(MAGNET by SHIBUYA109)
首都大学東京大学院メディア創生フォーラム・シンポジウム「もにゅキャラ考2 ─3.11以降の現実と非現実をつなぐアート」(国立新美術館)
「Stag Beat Presents INSECT MART Vol.0」(ever)
2017
「『自営と共在』展 ゲストトーク」(BARRAK 1)
「Tokyo Canal Links #2」(天王洲キャナルイースト)
「観る夜」(Star Lab TOKYO)
「ニュー・フラット・フィールドとその作品について」(NEWTOWN)
「ニュータウン発の文化の可能性」(NEWTOWN)
「SURGE – アーティスト・トーク」(gallery TURNAROUND)
「WAKANA-SYU from SENDAI」(gallery TURNAROUND)
「日本語ラップ学会」(市原湖畔美術館)
「麻布が映した東京」(SNOW Contemporary)
「現代美術寄席」(SNOW Contemporary)
「松蔭浩之&ベッチンアンダーグラウンド LIVE」(MIZUMA ART GALLERY)
「メキシコ死体合宿・大報告会」(高円寺pundit’)
Stag Beat 1st アルバム「From Insect Cage」リリースパーティ ONE-MAN LIVE “INSECT CAGE” (ANAGRA)
「MoriP100 森村泰昌・屋」関連イベント「松蔭浩之&ベッチンアンダーグラウンド LIVE」(parabolica-bis)
「日本語ラップ批評ナイト Vol.2」(文禄堂高円寺店)
2016
CD「From Insect Cage」(Stag Beat) 
「Meets Nights at Barrack」(Barrack, 沖縄)
「死とリリシズム」(美学校)
「日本語ラップ批評ナイト」(文禄堂高円寺店)
「美学校 出張外道ノスゝメ」(ガーターギャラリー)
「前衛と現代」(美学校)
「会田誠の月イチぼったくりBAR  第4夜」(美学校)
2014
「Moe Nai Ko To Baを燃やす」(ヨコハマトリエンナーレ2014)出演
「アルトー24時++再び」(東京芸術劇場)出演
2013
「HEL・GABAL」(草月ホール)出演
「工藤哲巳ナイト」(美学校)パフォーマンス
2012
「第8回エクストラバージンシアター」(喫茶SMiLE)映画上映
2011
「アルトー24時」(赤坂レッドシアター)出演


[主な掲載メディア・テキスト]
2018
「Chim↑Pom卯城竜太×中島晴矢 日本郊外でいかにサバイブするか」(CINRA.NET)
『けやきヒルズ』(AbemaTV)出演
連載「アート・ランブル」(Ohta Collective)
連載「東京オルタナティブ百景」(Bug-magazine)
「黒瀬陽平が語るカオス*ラウンジ新芸術祭。震災後のアートを問う」(CINRA.NET)

『i-D Japan no.5』「king gnu:怒れるヌーたちの狂騒曲」寄稿
2017
『クイック・ジャパン』(vol.135) 展覧会レビュー「”いま”を絶対化しないための『政治と文学』」寄稿

『美術手帖』(2018, 1月号) 「ニュー・フラット・フィールド」展 中尾拓哉評

「首都大学東京研究推進機構NEWS Miyacology【首都学】ミヤコロジー 0号」表紙

「SIDE COREが語る、ストリートカルチャーと現代美術を繋げる実践」(CINRA.NET)

「Love & Hate in New Town」(『ユリイカ』12月号)
「なぜ「郊外」は語られない?ニュータウン発の現代美術展で考える」(CINRA.NET)
「「ニュータウン」とはなにか?当事者たちによる企画展が多摩ニュータウンで開催」(WEB美術手帖)
120年前、6年前、そしていまを繋ぐ潮のうねり。中島晴矢による個展が仙台で開催」(WEB美術手帖)

「岸野雄一に聞く『札幌国際芸術祭』でなにが起こっているのか?」(CINRA.NET)
「「アートのレシピ」を受講して」(美学校HP)
「東京アンダーグラウンドのアートシーン特集 新しい5つの動向とは」(CINRA.NET)
「for five years 中島晴矢の5年間」(『月刊ギャラリー』7月号)
「展覧会レポート 中島晴矢 麻布逍遥」(『月刊アートコレクターズ』7月号)
「社会を変質させる「散歩」というラジカルな行為について。|中島晴矢インタビュー」(Lute)
「Walk in Tokyo #6 Azabu-Hiroo × Rambler」(WALK3000)
「ヒップホップMCとしても活躍する現代美術家・中島晴矢による個展<麻布逍遥>開催中!」(Qetic)
「芸術は、歩くことからはじまる」(WEB美術手帖)
「中島晴矢の新作個展『麻布逍揺』 古典落語をベースに麻布の街を「散歩」」(CINRA)
「作品をつくる音 #01中島晴矢(現代美術家/ラッパー)の場合」(Lute)
2016

「おしえて!バズポリスリターンズ」(AbemaTV)出演
美学校・ギグメンタ2016「エキシビションズ・レビュー」(美学校)

「文化系トークラジオLife」(TBSラジオ)出演

2015
連載「中島晴矢の オルタナティヴ展評!」(Rooftop)
インタビュー「ポスト3.11時代の美術家・中島晴矢に個展の意気込みを訊く」(bitecho)
『美術手帖 2015年 05月号|特集 日本のアート、最前線!!』誌上キュレーション選出
2012
『美的センス皆無の31歳独身男性でも現代アートは作れるのか大調査!』(ヨッピー, Yahoo! japan)作品提供

 

 

Haruya Nakajima

Artist / Rapper (Stag Beat) / Writer
Born in Kanagawa, 1989
I graduated from Department of Japanese literature, Faculty of literature, Hosei university, and completed Bigakko

 

[Selected Solo Exhibitions]
2017
SURGE / gallery TURNAROUND (Sendai, Japan)
AZABU SHOYO – To ramble about Azabu – / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
2015
Penelope’s Border / TAV GALLERY (Tokyo, Japan)
2014
High-Low, Left-Right, Now Here / Maruki Gallery For The Hiroshima Panels (Saitama, Japan)
GACHINKO – New Town, Pro Wrestling, Hip Hop – / Nao Nakamura (Tokyo, Japan)
2012
REACH MODERN / Gallery Ajito (Nagoya, Japan)
2011
BAD ROMANCE / TANA Gallery Bookshelf (Tokyo, Japan)
[Selected Group Exhibitions]

2018
SURVIBIA!! / NEWTOWN2018 (Tokyo, Japan)
Transforming Surroundings Suburb, Apartment complex / Yashio apartment complex meeting place (Tokyo, Japan)
Game Polyhedron / Central line Gallery (Tokyo, Japan)
Bigakko GIGMENTA2018 – First year of MEI-AN (light and dark) – The Calm Before the Parade / space dike (Tokyo, Japan)
BARRAK Indépendants / BARRAK1(Okinawa, Japan)
Preview / EUKARYOTE (Tokyo, Japan)
2017
New Flat Field / NEWTOWN (Tokyo, Japan)
ground under / SEZON ART GALLERY (Tokyo, Japan)
CAVE MORAY Crew Exhibition “INSECT CAGE”  / ANAGRA (Tokyo, Japan)
2016
Chaos * Lounge, New Arts Festival 2016, city theater “Onahama-Ryugu” / Manbo-ya (Fukushima, Japan)
Current war painting exhibition / TAV GALLERY (Tokyo, Japan)
2015
“KITAJIMA/KOHSUKE”#12 / Cata/Combe (Tokyo, Japan)
Front / Nao Nakamura (Tokyo, Japan)
Trans Arts Tokyo 2015 / Kanda Down Town (Tokyo, Japan)
2014
Drift / Tokyo Metropolitan Art Museum Gallery A (Tokyo, Japan)
2013
Bigakko Downer Side / Trans Arts Tokyo 2013 (Tokyo, Japan)
Tokyo BCN10443 / Olivart Art Gallery (Barcelona, Spain)
IKERUKIGASURU Exhibition / HIGURE 17-15 cas (Tokyo, Japan)
2012
Labor,Party,Nuclear – After Nuclear Family / Trans Arts Tokyo 2012 (Tokyo, Japan)
NAINARU NAGOYA / Trans Arts Tokyo 2012 (Tokyo, Japan)
Tokyo Slick / namGallery (Tokyo, Japan)
Village Project HOUSE100 / The Container (Tokyo, Japan)
Basement – Space that interfere each other – / Art Studio Dungeon (Tokyo, Japan)
2011
Art Gig Tokyo 2 / Tamai Hospital (Tokyo, Japan)
I Wanna Be Strong / Bigakko (Tokyo, Japan)
WAKUWAKU SHIBUYA / Tokyo Wonder Site Shibuya (Tokyo, Japan)
VIVA☆CO / TANA Gallery Bookshelf (Tokyo, Japan)
2010
via art 2010 / Art Museum of Shinwa (Tokyo, Japan)
Shibuya Triennale 2010 / Shibu-House (Tokyo, Japan)
Vagina exercise / Bunbodo Gallery (Tokyo, Japan)
2009
Interior Sketch / Bunbodo Gallery (Tokyo, Japan)

 

 [Selected Project / Event]

2018
“Postmortem <Suburbs> – Mixed · New Town · Kawasaki -” Podium: Mitsuo Oda × Ryo Isobe Chair: Haruya Nakajima (NEWTOWN 2018)
“Urban・suburban・Art – between plan and no plan” Podium: Makoto Aida Interviewer: Haruya Nakajima (NEWTOWN 2018)
“Stag Beat LIVE in Nikopin Autumn Festival” (Yashio apartment complex)
MATSUKAGE & THE VELVETEEN UNDERGROUND LIVE / Silkroad Cafe (Tokyo, Japan)
Talk Event “Now, We see the exhibition KAGE again” / sheepstudio (Tokyo, Japan)
Shibu- House 10th anniversary project “Home Party” / MAGNET by SHIBUYA 109 (Tokyo, Japan)
Tokyo Metropolitan University Media Creation Forum · Symposium “Monumental Character Discussion 2 – Art Connecting Reality and Unreality after 3.11” / National Art Center, Tokyo (Tokyo, Japan)
Stag Beat Presents INSECT MART Vol.0 / ever (Tokyo, Japan)
2017
“Self-employed and Co-existence Exhibition – Guest talk ” / BARRAK 1 (Okinawa, Japan)
“Tokyo Canal Links #2”  / TENOZU CANAL EAST (Tokyo, Japan)
“Watching Night” / Star Lab Tokyo (Tokyo, Japan)
“About New Flat Field and Its Work” / NEWTOWN (Tokyo, Japan)
“Culture possibilities from New Town” / NEWTOWN (Tokyo, Japan)
Japanese RAP academic conference / Ichihara Lakeside museum (Chiba, Japan)
Tokyo focused by Azabu / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
Contemporary Art Vaudeville / SNOW Contemporary (Tokyo, Japan)
MATSUKAGE & THE VELVETEEN UNDERGROUND LIVE / MIZUMA ART GALLERY (Tokyo, Japan)
Debriefing session about cadaver camp in Mexico / pundit’ (Tokyo, Japan)
Stag Beat 1st.album “From Insect Cage” Release Party ONE-MAN LIVE  “INSECT CAGE”  / ANAGRA (Tokyo, Japan) 
 MATSUKAGE & THE VELVETEEN UNDERGROUND LIVE / parabolica-bis (Tokyo, Japan)
Japanese Rap Criticism Night Vol.2 / Bunrokudo Book Store Koenji branch (Tokyo, Japan)
2016
Meets Nights at Barrack / Barrack (Okinawa, Japan)
Death and Lyricism / Bigakko (Tokyo, Japan)
Japanese Rap Criticism Night / Bunrokudo Book Store Koenji branch (Tokyo, Japan)
Bigakko “trip” recommendation of outsider / GARTER GALLERY (Tokyo, japan) 
Avant garde and Contemporary / Bigakko (Tokyo, Japan)
Makoto Aida’s Per Month Rounding Bar 4th Night / Bigakko (Tokyo, Japan)
2014
Burn Words that do not burn / Yokohama Triennale 2014 (Yokohama, Japan)
Artaud 24 hours++Return / Tokyo Metropolitan Theatre (Tokyo, Japan)
2013
HEL・GABAL / Sogetsu Hall (Tokyo, Japan)
Kudo Tetsumi Night, Bigakko (Tokyo, Japan)
2012
8th Extra virgin Theater / Cafe SMiLE (Tokyo, Japan)
2011
Artaud 24 hours / Akasaka Red Theater
2017
Contributed Exhibition Review “Politics and Literature for not Imposing Now” (Quick Japan vol. 135)
 “New Flat Field” Exhibition’s Review by Takuya Nakao (Bijyutu Techo, January 2018)
“Tokyo Metropolitan University Tokyo Research Promotion Organization NEWS Miyacology [Capital Sciences] Miyakology” No.0, cover
“Love & Hate in New Town” (EUREKA 12, 2017)
“Take a Recipe of Art” (Bigakko HP)
“Tokyo underground art scene feature – The five new trends” (CINRA.NET)

“for five years for Haruya Nakajima” (GALLERY 7, 2017)
“Exhibitions report – Haruya Nakajima -To ramble about Azabu-” (Art Collectors’ 7, 2017)
“About the radical act of RAMBLING to alter society. | Haruya Nakajima interview” (Lute)
“Walk in Tokyo #6 Azabu-Hiroo × Rambler” (WALK3000)
“Solo exhibition by Haruya Nakajima, a contemporary artist also active as a hip-hop MC <Azabu Shoyo> is being held!” (Qetic)
“Art starts with rambling” (WEB Bijutsu-Techo)
“Haruya Nakajima’s New Solo Exhibition “Azabu Shoyo” Based on Classical Rakugo “Rambling about  Azabu City” (CINRA)
“The sound of making a work #01 Haruya Nakajima (contemporary artist / rapper) “(Lute)
2016