ペネローペの境界

ペネローペの境界

Walk this way

Walk this way
映像 9’51”
中島晴矢
撮影 : 森下佳 出演 : 羽吹理美 車輛 : 角田啓
サイズ可変
2015

震災から4年経って、はじめて福島に行った。
事故直後、何故かどうしても被災地に赴く気になれず、むしろ時空間を離れて、「広島」や「関東大震災」を経巡りながら制作を重ねてきた。しかし、皆が震災や事故を忘れかけ、オリンピックも決まり、徐々に「復興」がメディア上で喧伝されてきた頃、俄に被災地をこの眼で見たくなったのだった。
リアリティの無い記号の街。どうしようもないリアルがそこにあるはずなのに。
常磐道に沿って、いわき、楢葉町、富岡町、福島第一原発、南相馬などを見て回った。今年の1月から、およそ一月に一度。所詮、東京者の、「観光客」(東浩紀)の視線で。
ただ、なにより網膜に焼き付いたのは、除染作業(=「復興」)が進むに従って、逆説的に、いやむしろ論理必然的にか、山のように堆積し増え続けてゆく黒い巨大な塊、フレコンバックだった。
目に見えない、それゆえにあらぬ恐怖を駆り立てもする物質の付着する木や土を、ただフィジカルに詰め込んだだけの布っ切れ。可視と不可視の境界線、耐用年数5年の安全弁。分厚いようで薄っぺらくて、禍々しいのに無力そう。コレ、ここに置きっぱなしにするんだろうか?……
たぶん、本当の意味での「復興」は何も果たされていない。
しかしそれでもなお、僕らはこの道を歩いてゆかねばならない。